贅沢をしようとは思わないが躊躇しないで使える程度のお金があるとよい

不安が高まりすぎてしまったときは、人生のキャッシュフロー表や家計簿を見直します。具体的には下振れしたときのデータを作成して、いくらまでなら使ってよいか、何パターンか試して確認します。

贅沢をしようとは思わないが躊躇しないで使える程度のお金があるとよい

旅行に行った際、お土産にはお金をかけず、可能な限り最小限を購入するタイプですが、全く逆で、お土産の購入に命をかけている人を見ると、思い出や経験にお金をかけるタイプの自分とは違うと感じます。親、兄弟には心配をかけたくないですし、友人に対しては気を使うのでオープンには相談できないです。ファイナンシャルプランナーの方に対してのみ、肩肘張らずに相談をすることができます。

お金に関する失敗談

比較的裕福な家庭で育ったので、お金は湯水のように出てくるものだという気持ちが抜けないです。社会人になってから、お金を稼ぐことが難しいということはよくわかりましたが、使ってしまってあまり貯金ができていません。毎月2〜3万円でも貯金をしておけばよかったと思います。堂々巡りが止まらないときは、ますお金のことをわすれるようにします。 自分は、自然の中にいると気持ちがリラックスできるので、自然とお金に対しての執着や不安を忘れることができると思います。

お金は、人を変えてしまう恐ろしいものであり、なくてはならないもの

ゲームセンサーに友達と行った時に、友達がユーホーキャッチャーでほしいものを取れるまでお金をつぎ込んでいるのを見ていると、お金に対する考え方やかけ方があきらかに違うなと思ってしまいます。自分の父親がよき相談者です。 お金にたいする価値観や考えは父親ゆずりなので、何かあったら真っ先に父親に相談します。 自分が借金することになったら相談しませんが、他のお金に関する悩みは気軽にいいます。

お金に関する失敗談

よく自分の銀行口座から、何も考えずに頻繁にお金をおろしてしまい手数料がばかにならないぐらいかかっています。 我慢できず衝動的にお金をおろしてしまうのが、わたしの良くないところです。本業以外のサイドワークを行って、少しでもお金を作ろうとします。 ちりも積もれば山となる、という言葉通りコツコツとお金を作ります。 サイドワークしていると思えば、お金を使っても罪悪感が薄れるし、罪悪感を感じた時もサイドワークをして忘れようとします。

お金を上手に使うには、お金のことを好きになるよりも自分のことを好きになる方が良い

タクシーを使う人。 これも価値観の違いかなって思いますが、バスや電車のほうが安価なのは確かだし、ちょっとくらいなら歩いた方が健康的じゃないかな…と感じます。 移動費って小さく感じますが、1ヶ月で考えると結構かさんでくると思うので。気の置けない友人です。 同性・同世代の友人だと、自分と似たようなことで悩んでいたりするので。 でも、フルオープンにするわけではなく、悩んでいることを相談してお互いに節約術やお得な情報を交換する感じです。

お金に関する失敗談

小さなことですが、ファストファッションのお店(店舗例:ユニクロやGUなど)で、良いなっと思って購入した商品が1~2週間後に値下げされていた時。 同じ商品なのに1000円も安くなってたりするので、ショックが大きいです。

コメントは受け付けていません。