お金は天下の回りものであり、うまく使うことができればまた巡ってくるもの

働いて稼ぐことができないか模索します。 現在専業主婦で、離婚したばかり、お金が必要だけど働いていないので収入は少額。 なんとかして稼げないか、いろいろな方法を探すことでまずは不安を拭う努力をします。

お金は天下の回りものであり、うまく使うことができればまた巡ってくるもの

好きなキャラクターやアイドルなどのグッズを見ると、金額もみずに新しいものが出るたびに保存用と観賞用!と張り切って購入している2つ購入している姿を見たときや、遠征してまで会いに行く姿を見た時。昔からの付き合いの長い、身内かのような関係の友人。 元旦那の収入、毎月の支払い額(携帯の使用量、光熱費、家賃、ガゾリン代など)お互いにほぼ生活にかかる費用を把握しているのでは?という感じです。

お金に関する失敗談

久しぶりに会う友人と、金銭感覚が違っているのはわかってはいたものの、楽しさのあまり高めのランチを堪能し、ショッピングへ行って多少見栄をはって買い物をしてしまったこと。執着や不安をアウトプットして、考えを客観的にみることにしています。 我が家は主人の収入を主にしているので、アウトプットする相手に一番なりやすいのが、主人です。 主人に聞いてもらい意見をもらえると少し安心できます。

お金で全ては買えない、思い出はプライスネス、マスターカードの考えて生きたいです

母親が、一つ5000円する「モーツァルトを聴かせて育てた洋ナシ」というものを新聞でみて買ってきてプレゼントされたことがあります。 絶対美味しいと言われて食べてみたのですが、フツーに美味しくて特別という感じはありませんでした。 これに5000円出すなら、5000円現金で欲しかったと思いました。家族、主人と実母です。 主人は一家の養い手であることと、実母は、お金の運用などに興味がありお金に詳しいからです。 際の収入やお金が貯まらないなどと言った内容を相談できると思います。

お金に関する失敗談

以前、事情があり東京と地方で家族がそれぞれ暮らす別居生活をしていました。 2重生活となり光熱費、住居費もそれぞれにかかり経済的に大変でした。 そのときにNHK受信料の回収をきた人に、1世帯であっても、別居なら2世帯分して受信料を納める必要があると聞いて、本気でキレそうになりました。NHKの方、すみませんでした。お金に執着しているから逆にお金が手元に回ってこない。 なんとかなる!と気楽に構えていると案外本当になんとかなるし、思わぬきっかけで望んでいたものが手に入る。 お金が全てだと思って行動していると、人もお金も寄ってこなくなるし幸福感も得られない。 ないものでだりでなく、今持っているもので何ができるのかを考えた方が有意義。

お金がないと思うからないし、あると思えばあるもの。

衣類や靴など、気に入ったデザインのものを色違いで2つ3つ購入する友人を見たときに金銭感覚の違いを感じた。 消耗品でよく使用するものならまとめ買いする気持ちは理解できるが、1足1万円ほどするブランドの靴をまとめて色違いで買ったりするのには理解ができない。 しかも友人はいつも金欠だと嘆いているのにもかかわらずそういったお金の使い方をする。 そして驚くことに数週間使ってみていまいちだと感じてその後使わなくなる。 まさに無駄遣いだと思った。家族にはお金に関して相談できる。 いくら仲の良い友人でも金銭に関しては絶対に相談もしないし、貸し借りもしないと決めている。 お金で人間関係が崩れると取り返しのつかないことになると思うから。 とはいえ、そもそもお金の相談自体することがないが、貯金金額の話くらいはする。

お金に関する失敗談

2か月弱の海外周遊をしているとき主にクレジットカードで宿泊や移動手段の決済をしていたが上限金額の関係で3日後の宿の予約も取れず、2日後の船の予約も取れなくなってとても焦った経験がある。 結局、船はチケット販売所まで行って購入し、宿も当日駆け込みでなんとかなったが、慣れない海外でかなりの労力を使うことになった。 それ以来、上限金額を確認して使うようにしている。

コメントは受け付けていません。