お金はある程度あった方がいいが、ありすぎても管理が大変

お金がいくらたくさんあっても健康でなければ意味がない、あるいはお金があまりなくても健康でさえいれば幸せだ、と自分に言い聞かせます。 そう再確認することで、執着や不安が解消します。

お金はある程度あった方がいいが、ありすぎても管理が大変

友人が年に何回か家族でディズニーランドへ行き、オフィシャルホテルに泊まって十万円近く遣うそうです。 自分はディズニーランドにまったく興味がないので、そんなことにそんなに使うのかと驚きました。夫です。 自分の貯金で株をやっていますが、どんな株に投資したらいいと思うか、この株は売った方がいいと思うか、配当を何に使ったらいいと思うかなど、なんでも相談しています。

お金に関する失敗談

バブル時代には、周りの風潮に流されてブランドの服やバッグをあれこれ買いました。 愛用したものもありますが、何万円も投じて買ったものの、結局気に入らず、ほとんど使わなかったものもあります。 いま考えるともったいなかったと思います。お金に対して執着が高まり、少しでも使うお金を安くしようとして無理に節約してしまうことがあります。 そんな時は、今無理をして体を壊してしまったらもっとお金がかかってしまうと言い聞かせるようにしています。

抱えている問題の大半はお金で解決することができるはず

毎月の食費は4万円程度で一人暮らしだと普通くらいだと思っていたが、友人に話を聞くと月の食費に10万円ほどかけているということでした。 食事が一番大事だということで、自分とのお金のかけ方の違いを感じました。両親にはオープンにお金の悩みを相談できます。 引っ越しをする際に初期費用が足りないことがあったがどう工面すればいいのかを相談しました。 結果両親から借りる形で引っ越しをすることができました。

お金に関する失敗談

ゲームが好きな時期があり、ゲームのハード機をどんどん買っていました。 結局時間がなくゲームをする時間をとることができず売ってしまいました。 きちんと計算したうえでお金を使えばよかったと後悔しました。今の状況をしっかりと把握し直し、見直して目標を立てることが大切だと思います。 まずは家計簿をチェックして、無駄な出費がなかったか、固定費をもっと安くできないか見直します。

お金はないと困るがありすぎて困ることはない、備えあれば患なし

前の上司が会社の経費だからといって高級なスーパーで会社用の日用品を買う人がいて驚きました。 そこも節約すれば経費が削減できて、お給料に繋がってくるかもしれないのに・・・と、かなり驚きました。車内で同じタイトルのとても仲の良い信頼できる同僚は、家族構成や考え方も同じでよく互いに相談します。 どこの銀行の定期の金利が良いとか、旦那と給料を一緒にしているかどうか、別管理の場合出かけたときはどうしているかなどまで話しています。

お金に関する失敗談

海外旅行の際に、お釣りをしっかり確認せずかなり損をしていたことが複数回あります。 また、海外の両替所が空港と街中のレートの良いところで2倍ほども差がありとても後悔したことがあります。

コメントは受け付けていません。