どんなに少しのお金でも塵も積もれば山になるので大事にしないといけない

選択的夫婦別姓という言葉を学校で習いましたが、今の夫婦どちらかの同性に選択し…

選択的夫婦別姓という言葉を学校で習いましたが、今の夫婦どちらかの同性に選択しなきゃいけない制度と、夫の性に統一しないといけない制度には、特別な名前はついていないのですか?夫婦が同じ姓を持つことは、「夫婦同氏の規定」と言います。古くからは、女性が男性側の姓にすることが一般的でしたが、「必ず夫の姓にする」と言う決まりは元々無いので、名称はありません。法律上は、「夫又は妻の氏を称する」とされています。

夫婦別姓

夫婦別姓って籍を入れないってことですか?■現行の法律では、1.籍を入れないで、従来の姓を名乗ること。事実婚。(内縁)。2.籍を入れておいて、通称として旧姓を使用する。通称。3.通称を使用しながら、パスポートの取得など、重要な書類の時は一時的に離婚届を出して、旧姓のものを手に入れる。ペーパー離婚。■これを法改正して1.戸籍上も夫婦で同じ姓を名乗らなくてもよいとする。2.戸籍の姓は同じにして、通称の使用を幅広く認める。のいずれか一方になるのが有力だと思います。この問題は、当事者でないと、なかなかピンときません。しかし、上手く表現できませんが、女性の社会進出による社会的側面みならず、自分の慣れ親しんだ名前が突然なくなることによる、日常生活に対する違和感、喪失感(今までの自分がいなくなった(いらなくなった)感じ)など、心理的、精神的問題を多分に含んでいると考えています。

夫婦別姓法案

日本は少子化によって今後大幅に労働人口が減ることが確実視されている一方で、高齢化が進むため、近い将来日本が破綻する危機にあります。これに対応する策として、ダイレクトに少子化を抑制する試みが行われては来ましたが、さほど効力をあげていません。一方、別の方策として男女共同参画を進めることによる労働人口増加によって、これらの問題を小さくすることも考えられてきていますが、これまでのところ抜本的な解決がなされているとは言い難い状況にあります。これに対して、大きな突破口として考えられるのが夫婦別姓法案ではないでしょうか?大きな理由は2つあります。一つ目の理由は、女性が結婚・育児後も働くにあたっての働く意欲を考えた時、夫婦別姓は不可避、ということです。いかに通称利用が認められたとはいえ、それはあくまで通称利用であり、家庭での名前と職場での名前の遊離は、働く意欲を大幅に減退させるものです。夫婦別姓により、自己の名前を使用し続けることができる、というだけで、男女共同参画の推進を大幅に強化できることは想像に難くありません。さらに、それによって結婚や育児後も働く女性が今後増えれば、直接は関係のない夫婦同姓を望む女性も、社会進出を促すことでしょう。女性も働くことが常態化することで、家庭の家計もより安定化し、より多くの子供を望む家庭が増えることが期待できます。実際、米国等、夫婦別姓を認める国では、それが労働人口減および少子化阻止につながっています。もう一つの理由は、結婚数の増加への貢献です。そもそも少子化の理由の一つが結婚の減少にあります。これに対しても、夫婦別姓を認めれば、そのことが理由で結婚できなかったカップルだけでなく、その他の多くのカップルに対しても、結婚への心因的なハードルを下げることができ、それによって、少子化を踏みとどませることができると考えられます。みなさん、どう思われますか?レッテルは大事だがメインではないトピ主さんの意見に欠けているのは、法的には存在しないのに未だに国内に蔓延る「家制度」でしょう。小町でも時々、「苗字が○○になったのだから」が嫌、という話が出てきますが、仮に別姓での婚姻が成立したとしても、「苗字はともかく、あなたは○○家に嫁いだのだから」という主張をする義両親は相当数存在するように思います。法的に否定できても、実運用に至るのは程遠いでしょう。その程度なら、現行民法になった時点で制度崩壊しているはずです。婚姻数の減少の主因は、さまざまな意味でのライフスタイルの変化と思います。以上から、夫婦別姓に反対するつもりはないのですが、お説ほどの実効性はないだろうな、と思います。

至急!!夫婦別姓について小論文を書くのですが、序論がまとまりません。賛成か…

至急!!夫婦別姓について小論文を書くのですが、序論がまとまりません。賛成か反対かを含めて3行書かないといけないのですが、全然思いつかないので助けてください。文章は以下の通りです「日本では、男女が結婚すると夫もしくは妻のどちらかの姓を選択し、夫婦同姓にすることが法律で定められている。現在は、妻が夫の姓に変更するケースが多い。しかし、現代では女性の更なる活躍が求められており、女性が自立して社会で活躍し、無理なくキャリアを蓄積していくためには、それぞれの価値観に基づいて夫婦別姓を選択することが可能となる「選択的夫婦別氏制度」(通称・選択的夫婦別姓制度)の導入が必要である。なぜなら、婚姻によって姓を変更することで働く女性にさまざまなデメリットが生じることがあるからだ。研究者や弁護士をはじめとする個人の姓名が業績の連続性を示す職業に就いている人たちにとっては、途中で姓を変更することがキャリアを中断することにつながり、不利益を被る場合がある。また、長年使用して聞いた姓を変更するにあたっては、戸籍だけでなく各種免許や預金口座など、あらゆる登録情報を変更しなければならないという不便さもある。確かに、夫婦が同姓であることは日本の伝統であり、家族の絆につながるものである。夫婦が別姓になることによって、これまでより離婚へのハードルが低くなり、離婚率を上昇させてしまうという指摘がある。さらに、父母の姓が異なると子供の姓も選択制になるため、どちらの姓を名乗らせるかで夫婦の意見が対立したり、姓が異なると子供と親との連帯感が損なわれたりするといった、家庭内のゆがみが生じることを心配する反対意見もある。しかし、スウェーデンなど夫婦別姓の制度をとっている国の離婚率が日本に比べて高いという事実はない。また、姓の異なる祖父母と孫との間にもしっかりとした絆があることを実感する人も多く、同姓でなければ家族の絆を深めることができない、というわけではないと言えよう。絆や連帯感といった、家庭内ではぐくむものを法的に守ろうとするより、個人の社会生活における利益を守ることの方が、社会的にも意義のあることではないだろうか。今後の日本において、選択的夫婦別氏制度を導入するべきである。」よろしくお願いします因みに、自分は賛成の意見を書きます<現代の日本>では、<働き方改革>が国会でも議論され、女性の更なる活躍が求められており、女性が自立して社会で活躍し、無理なくキャリアを蓄積していくことが課題になっている。女性が活躍できる社会とはどのような社会であろうか。<このことについて以下に述べる。><1伝統的な夫婦同姓の長所と欠点>日本では、男女が結婚すると夫もしくは妻のどちらかの姓を選択し、夫婦同姓にすることが法律で定められている。現在は、妻が夫の姓に変更するケースが多い。夫婦が同姓であることは日本の伝統であり、家族の絆につながるものである<からであろう>。<しかし、>婚姻によって姓を変更することで働く女性にさまざまなデメリットが生じることがある「からだ」。<例えば>、研究者や弁護士をはじめとする個人の姓名が業績の連続性を示す職業に就いている人たちにとっては、途中で姓を変更することがキャリアを中断することにつながり、不利益を被る場合がある。また、長年使用して聞いた姓を変更するにあたっては、戸籍だけでなく各種免許や預金口座など、あらゆる登録情報を変更しなければならないという不便さもある。<2夫婦別姓の導入><そこで、>それぞれの価値観に基づいて夫婦別姓を選択することが可能となる「選択的夫婦別氏制度」(通称・選択的夫婦別姓制度)の導入が必要である<と考える>。夫婦が別姓になることによって、これまでより離婚へのハードルが低くなり、離婚率を上昇させてしまうという指摘がある。さらに、父母の姓が異なると子供の姓も選択制になるため、どちらの姓を名乗らせるかで夫婦の意見が対立したり、姓が異なると子供と親との連帯感が損なわれたりするといった、家庭内のゆがみが生じることを心配する反対意見もある。<しかし、>スウェーデンなど夫婦別姓の制度をとっている国の離婚率が日本に比べて高いという事実はない。また、姓の異なる祖父母と孫との間にもしっかりとした絆があることを実感する人も多く、同姓でなければ家族の絆を深めることができない、というわけではないと言えよう。絆や連帯感といった、家庭内ではぐくむものを法的に守ろうとするより、個人の社会生活における利益を守ることの方が、社会的にも意義のあることではないだろうか。<3結論><今後の日本において>、絆や連帯感といった、家庭内ではぐくむものを法的に守ろうとする「こと」より、個人の社会生活における利益を守ることの方が、社会的に「」意義のあることではないだろうか。以上の事から、日本は選択的夫婦別氏制度を導入するべきである<と考える。><>は加えた語句を示す。「」は削除した語句を示す。これでいいかわかりませんが、整理できたと思います。

夫婦別姓?

現在、日本では夫婦別姓が認められていないと思っていたのですが、://okwave.jp/qa/q7027439.htmlのベストアンサーを見ると、届け出れば認められると書かれています。ちょっとびっくりしたので聞いてみます。個人的には夫婦別姓なんていかにも先進的風な制度が家族に持ち込まれるのは嫌なんですが、すでに夫婦別姓が認められているのでしょうか??あなたが言われたベストアンサーの部分を拝見しましたが、夫婦別姓を検索して調べて見ると、現時点では認められていないようです。政府から法案が何度も提出されていますが、途中まで進んでお蔵入りになっているようです。違憲であるからと裁判に訴えても、門前払いと言うか、全てが却下されています。ベストアンサーの中で誰かが選択肢があると書かれてますが、これも何かの勘違いをされているようです。夫か妻の姓を名乗る事を選択する事と法律では書かれています。これを互いに別々の姓が名乗れると勘違いされたのでしょうね。日本人の全てが夫か妻の姓を名乗っています。もし夫と妻の姓が違うとなると、子供が出来た時に学校等から他の同級生から虐めに遭うことも十分に考えられます。「お前の親は名前が違うけど、もしかして離婚をしたのか」「お前はお父さんとの名前が違うけど、お父さんは本当の親ではないんじゃないか」とか言われて、仲間はずれや虐め等を受ける事も考えられます。もし法律で認可されたら、何処かの地域で虐め問題が持ち上がるはずです。ただ現時点では夫婦別姓で生活している方も居られます。ただ法律上で認められた夫婦ではありません。報道で良く言われている「内縁の夫、内縁の妻」がそれです。現時点では、内縁で別姓にして夫婦をするしか方法はありません。この先に別姓が認められる可能性は低いと思いますね。僕は反対です。

夫婦別姓→年賀状に載せる名前は?

この秋に結婚する予定の女性です。婚姻届でどちらの姓を選ぶかで揉めています。「どちらも譲りたくない」というのが現在の私たちの状況ですが、事実婚を選択するのは双方の本意ではないので、最終的にはどちらかが折れる形になりそうです。どちらを選んだとしても、公的書類以外の場面(仕事、プライベート、その他あらゆる場面)においては、お互いに本来の姓を名乗るつもりでいます。回りの人は「私達は夫婦別姓を選択している」と言ってら「?・・・へぇ。」といった感じです。このようなご夫婦は世の中にもたくさんいらっしゃると思うのですが、こういった場合、二人連名で出す年賀状(結婚報告を兼ねる)などはやはり戸籍上の姓で出さなければならないのでしょうか?本当はそれぞれが個人名で出したいと思っているのですが、友達はまだしも、披露宴に来てくださる上司や親戚にはやはり連名で出すべきなのでは?と考えています。この場合、二人連名・別姓で出すのはおかしいでしょうか?また、実際に夫婦別姓を実施している方はどうされていますか?みなさまの意見をお聞きしたいと思います。パターン分けしてます戸籍では夫の姓ですが、仕事(自営業)上は旧姓。昔からの友達も旧姓で呼びます。年賀状は相手に併せて分けて作成します。最近は年賀状作成ソフトで簡単に設定できますから。1.仕事関係–>私のみ(旧姓)2.親戚、結婚後に知り合った共通の友達–>夫と連名(戸籍名)3.結婚後に知り合った友達–>私のみ(戸籍名)4.結婚前からの友達–>私のみ(旧姓)5.子供関係–>子供のみこんな感じです。

コメントは受け付けていません。