お金は塵も積もれば山となるという言葉がとても合う

基本的には現金です。
月末に出金して現金で普段のお買い物をして、月末に足りなくなるとまた出金します。
次月は少し節約してバランスをとったり、支出の把握のために現金にしています。
特別な買い物やネット購入はクレジットにします。
手数料がかからないし、便利だからです。

日本ではお金の勉強をしないのは大丈夫なのだろうか?

人生100年時代と急に言われはじめました。
医療が進み、なかなか死ねない世の中になりました。
老後30年長生きすると夫婦で1億を超える額が必要とテレビで聞きました。
そして年金は減らされる事がわかっています。
長生きも怖いと思っています。絶対家族に話して、美味しいもの食べに行きます。
友達にも話すと思います。
理由はラッキーな事はみんなでシェアして、話のネタにして沢山の人と楽しみたいと普段から思っているので。

お金に関する失敗談

小学生の頃、ピアノのレッスンにバスで通っていました。
バス代を手に握っていたのに、いつの間にか落としていて財布にあったお金を見ると1円バス代に足りません。
半泣きで運転手さんに「すみません、お金を落として1円足りません」と言うと「次に乗った時に1円払ってね」と言って降ろして下さいました。
1円の大切さを感じた出来事でした。
もちろん次に乗った時に1円払いました。私は財布を持ち歩いて必ず現金で支払いをしています。カード払いですと後で支払いが来るのが嫌だからです。カード払いは支払うの忘れてしまうと利息がつきます。それが嫌ですので必ず現金払いです。

お金は大事な生活していくのになくてはならない存在です。

私の同級生の話です。学生の頃にパンを買うのにお金がなくて500円を借りたそうです。ずっと返すのを忘れていて友人が返すように言ったのですが本人は返したと思っていたみたいです。その後お母さん同士まで巻き込んで喧嘩になっていました。3万円程度でしたら言いません。高額でしたら仲の良いお友達には言ってしまうかもしれません。でもなるべくでしたら言いたくありません。自分の隠し金にしたようと思っているからです。

お金に関する失敗談

スーパーで買い物しようとしましたら小銭しかなくなくてレジの前で慌てて戻したことがありました。そのような事がないようにお札もきちんと入れておいた方がが良いと思います。1000円以上の買い物の場合、クレジットを使用します。ポイントが貯まるからです。1000円以下の買い物だと、クレジットはなんとなく気が引けるので現金を使います。

お金は塵も積もれば山となるという言葉がとても合うと思います

連帯保証人になった相手が行方不明になり借金を被った人が身近にいるのでお金は怖いと思います。それは個人的な話ではなく、会社を経営している人の話ですが、例えばアパートを借りる時の連帯保証人にもならないようにしています。家族にだけは言います。いい話は家族みんなで分け合いたいからです。でも、家族以外には自慢に聞こえてしまうと嫌なので言いません。ただその3万円は自分のために使います。

お金に関する失敗談

結婚当初、知人に強く勧められ生命保険に加入したが、毎月の積立のお金を捻出出来ず、数年で途中解約してしまいました。払戻金はありましたが、数十円損をしてしまいました。

コメントは受け付けていません。