お金はたくさんあればあるほど幸せなのであるにこしたことはない

「クレジットカード・電子マネーなどの現金以外のもの」で買い物します。お釣りの受け渡しがないので急いでいる時もスムーズに決済できるからです。また、ポイントを貯める目的もあります。

お金はたくさんあればあるほど幸せなのであるにこしたことはない

たくさんのクレジットカードでリボ払いをしすぎて、返済が難しくなった話が怖かった。借金を返済するためにまたさらに借金をするが、結局浪費してしまって元本が全然減らないとのこと。1000万単位など、よほど高額でない限り家族に言います。高額すぎるとお金をたかられたりと不幸になるイメージですが、3万円程度なら、みんなでおいしいものでも食べに行きたいなあと思います。

お金に関する失敗談

とても小さなことですが、ついつい現金を財布に補充し忘れて、現金しか使えない店でお金が足りなくなったことが何度かあります。コンビニでおろしてくるので待っててください!とお願いすることが何度かありました。クレジットカード、電子マネーでなるべく買い物をします。現金で何かしらのポイントがつく店は現金ですが、何もポイントがつかないお店ならカード、電子マネーならポイントが付与されるからです。

お金は儲けようとすると離れて行くので、お金を集めようと思った方が吉。

お金で悪い事をすると10倍、100倍になって返って来ると言う話です。金にモノを言わせて人を見下した人が、想定外のトラブルで裕福な生活から、全ての財産を失ったという話がたくさんあり、怖いと思いました。3万円ならば家族に言って、家族で使います。億を超える大金となると骨肉の争いになりそうですが、たったの3万円ならば外食数回で使い切ってしまいます。貯金してもたかが知れていますので、家族に言って使います。

お金に関する失敗談

元嫁に家のお金の管理を結婚から離婚話が出るまでやってもらっていたことが、唯一のお金の失敗談です。自分の口座にお金を入れているし、とんでもない保険契約を組まされそうになったり散々でした。人のお金を使えるとなると、人が変わるタイプでした。現金で買い物する場合とそれ以外で買い物する場合がありますが、できるだけ現金で買い物をしたいと思っています。
理由は使いすぎるのが怖いというのが一番です。
現金が足りなかったときのために予備としてクレジットカードを持ち歩いてるような感じです。

お金で身を滅ぼすなら楽しいことに使って楽しく滅びたいです

聞いた話しというか親族なのですが、サラ金に手を出して怖いおじさんが親戚の我が家にまで取り立てに来ることが何度かありました。
ドラマみたいに毎夜玄関の戸をガンガン叩いて大声で叫ばれるのは地獄でした。
自分はこういうおじさんのお世話にならないように生きようと思えましたね。3万円だったら誰にも言いません。
言ったらご飯奢れとか言われそうなので、そのお金で欲しいものをこっそり買います。
300万円くらいだったら兄弟には言うかもしれないですね。

お金に関する失敗談

好きな漫画のイベントが東京で何度も開催されたので、なんとかお金をひねり出して九州から通ったことがあります。
展示やアトラクションを回りグッズも粗方手に入れてホクホクしてたら会場だけで予約できる受注生産のグッズがありました。
お値段は7万円。
現金はもちろんなかったし(口座にもなかった)クレジットカードの残高も交通費やらなんやらで残高不足。
なんとかして7万準備できないかと日払いバイトまで検索し結局予約せずに帰ってきました。
いまだに悔しくて悔しくて仕方ない思い出です。

コメントは受け付けていません。